FC2ブログ

マイヤー英会話 講師の独り言

マイヤー英会話の講師・スタッフが日々を語る。2歳から大人、初心者から上級者、子どもバイリンガルまでのレッスンでの出来事や福岡でのイベント情報などなど載せています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICについて(TOEICリスニング)

こんにちは
マイヤーの中山です

前回はTOEFLについてお話ししましたが、今回はTOEIC、特にTOEICのリスニングについて書いてみたいと思います。

TOEIC (トーイック・トイック)
Test Of English for International Communication の略語で、英語を母国語としない人が英語を使ったコミュニケーション能力を測る試験です。

リスニングセクション(45分間・100問)
リーディングセクション(75分間・100問)
で構成されています。

私は今までにTOEICを3~4回受けたことがあります。

一番最初は高校生の時、福岡のどこかの大学のキャンパスで受けました。
結果はたしか350点くらいだったでしょうか。
高校では、英語は得意科目だったので、返ってきたスコアを見てがっかりしたのを覚えています。。。
(ちなみに私はこの時点で英検2級を持っていたと思います。)
リーティングもリスニングも歯が立たない、といった感じでしたが
特に難しかったのはやっぱりリスニングでした。

高校卒業後、私はアメリカの大学に入学しました。
1度だけTOEICをアメリカ、カリフォルニアで受験したことがあります
アメリカでのTOEIC認知度は日本より低いです。
日本のTOEIC試験会場は立派で緊張感が漂っていますが
アメリカの会場(この時は日本人やヨーロッパの学生が通う語学学校でした)はもっと「ゆる~い」雰囲気でした。
日本では、大学のキャンパスなどで、受験者全員が同じ方向を向いて受験しますが
このアメリカの会場では、会議用のテーブルのようなものをみんなで囲んでの受験でした。
人数はたしか10~12人くらい。
しかも、試験官が長い試験時間に耐えられず、どこかにコーヒーを飲みにいってました。
(試験官がいないので、試験中に受験者がおしゃべりしたりしてました。笑)

やはり留学中の受験だったということもあり、
ある程度リスニングができるようになっていたので、
初回に比べると500点くらいUPしていました(^^)

TOEICのリスニングパートの形式は下記のとおりです。
Part1
写真描写問題 10問
1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。

Part2
応答問題 30問
1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。

Part3
会話問題 30問
2人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。 各会話には設問が3問ずつある。

Part4
説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各トークには質問が3問ずつある。



上にもお話ししたとおり、留学前の私はリスニングが弱かったので
リスニングテスト中はすご~く眠かったのを覚えています
リスニング力がついた今でも、短い会話を聞いて状況を把握するのは難しい場合があります。
TOEICの場合は「一秒でも聞き逃したら、その問題が解けない」なんてことはよくあります。

ただし、TOEICの問題の半分がリスニングパートなので、リスニングを攻略せずにはTOEICの高得点は狙えません。

「じゃあリスニング力ってどうやって上げれるの?」
と聞かれることがよくありますが、
日本で独学でリスニング力を上げるのは至難の業です。
教材についているTOEICのリスニングCDや
英語のTV番組やラジオを毎日きくことで多少スコアは上がるかもしれません。
しかし、ただ英語を聞き流しているだけでは、
リスニング力を高めるのに時間がかかってしまいます。
やはり一定のペースで英語を使って会話をすることが一番リスニング力アップへの近道だと思います。
英語を「使う」ことで体にリスニング力を叩き込むのが一番!

たとえば、外国人の先生が“Look at the white board.”とあなたに言うとします。
聞き取りが難しい人にとっては「ルカダワイボー」と聞こえるかもしれません。
するとその先生は教室にあるホワイトボードを使って授業の説明を始めます。

「あ、ルカダワイボーって“ルック アット ザ ホワイトボード”だったのね」と気づきます。

このように「聞く」だけではなかなか身につかないリスニング力も
「聞いて」「見て」「使う」ことで、効率的に身につけることができます。

このようにしてリスニング力を高めるには、一番手っ取り早いのは留学ですが、
留学が難しい場合は、やはり独学よりも、英会話スクールに通うことだと思います。

マイヤー英会話(姪浜校、平尾校)ではTOEIC対策クラスを開講していますので
興味のある方は是非お問い合わせください。
(詳細な開講時期等については、お電話、ウェブサイト、またはEメールにてお問い合わせください。)

リスニングパートはネイティブの講師リーティングパートは日本人講師がきっちりと教えます
それぞれのレベルに合ったカリキュラムで授業を進めますので、
TOEIC初級レベルの方にも、さらなる高得点を目指す方にも受講いただけます。

皆様のお問い合わせをお待ちしています!



スポンサーサイト

Comment

 

私はオンライン英会話でひたすら外国人講師と話しておりますが、やはりTOEICの点数を上げるには、それ特有の対策を行った方が良いのでしょうか?
  • posted by 田宮 
  • URL 
  • 2012.07/04 03:25分 
  • [Edit]

 

free conversationはリスニングパートには有効かもしれません。
ただ、その他のパートはTOEIC用の対策を行わないと点数が伸び悩むかと思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。